・・・

2017/12/10

Infoseek ニュース - ニュース速報、芸能スクープなど満載

奈良県が「合コン」メルマガ、少子化対策で出会い支援 (読売新聞)


 独身男女に出会いの場を提供し、少子化に歯止めをかけようと、奈良県は新年度から、レストランなどで開く合コンなどの日程を希望者にメールで配信する企画を始める。

 また、既婚者や結婚間近のカップルのなれ初めなど経験談を8月から公募し、「幸せなふたりの出会い100選」としてまとめたうえ、入選作を“恋愛マニュアル本”として出版する。

 県によると、4月から、県内のレストランやホテル、スポーツ施設などと協力して〈結婚応援団〉を結成。合コンやお見合いパーティー、スポーツ大会を企画してもらい、その日程や参加方法などを県のホームページ(HP)に登録した男女にメールマガジンで知らせる。新年度の当初予算案にPR費やHP作成費など1700万円を盛り込んだ。

 同県の出生率(2002年)は1・21人と全国ワースト3位だけに、担当者は「たくさんのカップルを成立させ、少子化対策の一助にしたい」という。

1.この企画に使った県民税返せ。企画した職員の私財を没収してでも返せ。
2.県民までアホと思われるから変なことするな。ただでさえどこかまぬけなイメージがあるのに。
3.もしかして出会いの場がないから少子化が進んでると思ってるのですか・・・。
4.もう一度だけ訊きます。

また、既婚者や結婚間近のカップルのなれ初めなど経験談を8月から公募し、「幸せなふたりの出会い100選」としてまとめたうえ、入選作を“恋愛マニュアル本”として出版する。

本気じゃないよね(涙)。笑うのを通り越して涙が出てきたよ。体験談とマニュアルって違うと思うんだけどさ。